topimage

2014-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100均の色鉛筆を使っての色塗りと、紙の違いによる質感の比較 - 2014.02.27 Thu

こんばんは、幸坊です。
今回は論文みたいなタイトルですが、まぁ検証実験みたいなことをした報告みたいなものですw

以前に、100均の色鉛筆でどこまで塗れるかというまとめスレを見まして、
ツイッターでフォローしている方の中にも、100均の色鉛筆を使っているというのを聞いたので、
一度どのようなものか検証してみたくなった所存です。

色鉛筆を使った作品といえば、過去のイラストではこちらですね↓↓

※クリックで大きくなります
カラーイラスト7拡大版

私が普段使っている(といっても、最近は頻度がグッと減りましたが)色鉛筆は、バラ買いで揃えたホルベインの色鉛筆ですね。
何故バラ買いで揃えたのかと言いますと、専門学校の在学中は透明水彩の仕上げに色鉛筆を使っていたからです。
補助で使っていたから、微妙な色が必要なんですね( ̄▽ ̄;)


それでは本題。
今回使ったのは、この色鉛筆です。

100均色鉛筆

おなじみ、ダ●ソーの12色色鉛筆。
18色もあったのですが、スレで使っていたのと同じものにしました。

後、色鉛筆は描く紙によっても化ける画材なので(これは色鉛筆に限った話ではありませんが)
よく漫画原稿用紙に使われているケント紙(表面がつるんとした丈夫な紙)と、
ワトソン紙(凹凸のある水彩紙:上のイラストと同じ紙です)に、同じ絵同じ配色で描いてみて比較してみました。


まずはケント紙。

※クリックで大きくなります
100均色鉛筆 トーマちゃんケント

トーマちゃん(≧∇≦)

下にちょろっとメモっているのは各パーツで使った色です。
色鉛筆は混色して使うものなのですが、色数が少ないのでより多くの混色が必要ですね^^;

使ってみた感想ですが、色によって乗りにくい色と乗りやすい色があるように感じました。
例えば、肌色なんかは殆ど色が乗りませんでした。使っているのがケント紙っていうのも勿論あります。
しかし、同様に明るい色でも、黄色はよく乗るんですよねー。

そうそう、私は肌には肌色は使わない主義です。肌色ってなんか違うんですよね。


続いて、ワトソン紙。

※クリックで大きくなります
100均色鉛筆 トーマちゃんワトソン

全く同じ色鉛筆を使っていますが、全然雰囲気が違いますよね(^^ゞ
絵のサイズに対して紙の目が粗かったので、ちょっと細部がぼやけてしまいました。

こういうワトソン紙の良いところは、紙の表面が柔らかく、色がよく乗るところです。
塗りムラが少なく、線が出にくいので比較的ラクに塗れるし、陰影も付けやすい。
肌等の滑らかなパーツは色を乗せてからティッシュで軽くこすると、柔らかい質感になります。

しかしここで100均色鉛筆の弱いところが・・・細く削って主線を描いていると、芯が割れやすい事が判明しました^^;



色々と描きましたが、100均色鉛筆も紙を選べばそこそこに良い働きをしてくれそうです^^

小~中学生の頃は、貰い物の水彩色鉛筆をよく使っていましたが、水彩色鉛筆の方が発色が良いと聞きます。
本当にそうかは分かりませんが、私は溶かす必要が無いので油性で充分だと思っていますw

画材選びはアナログ描きにとって大事な事ですので、
アナログイラストを上達させたい方は色んな画材・紙を試して頂くことをお薦めします。
使いこなせる技量も必要ですが、画材によって損なわれてしまう魅力があるとしたら勿体無い事です。





拍手ありがとうございます!!
沢山の拍手、とっても励みになっておりますvv

ではではまた次回です☆☆

スポンサーサイト

黄泉の働く女たち - 2014.02.21 Fri

※クリックで大きくなります
黄泉の働く女達

漫画の合間に落書き落書き~。司命ちゃん(左)と奪衣婆(右)です。
働く女たちっていうか、働いてるの一人だけに見えますが^^;
中身はどうあれ、お姉ちゃん達に囲まれている閻魔様羨ましす!!(そこww)


さて、オリンピックの話題は持ち出さないだろうと思っていたのですが・・・真央ちゃん良かったですね。
ショートプログラムの時は神様は居ないと思ったのですが、メダルも霞むほどの、とっておきの舞台を用意してくれたようです。
あんまり言葉を並べると陳腐になってしまいそうなので好きじゃないのですが、フィギュアスケートを見て泣いたのは初めてです。

ショートプログラムは、実は怖くて見れませんでした。結果だけ見ました。
暗澹たる状況に、自身の事で少しばかり思い出すことがありました。


私は高校生の頃にスポーツ空手をしていました。
個人戦と団体戦があって、私は何とか団体戦のメンバーになれる程度だったのですが、
私の所属していた学校はなかなか強く、全国大会に出場するくらいのレベルでした。

そういう学校というのは大体、県大会で上位を争うのですが
私はかろうじて団体戦に食い込める程度だったので、決勝の試合では対戦メンバーにはおおよそ選ばれません。

引退試合の県大会、私は決勝までのトーナメントで役割を果たしたので、決勝には出ないだろうと思っていました。
どっこい、顧問が引退する選手に花を持たせようと思ったのか、決勝のメンバーに入ってしまったのです^^;
対戦校は全国大会で上位に上がっていくようなチーム・・・私には勝ち目はほぼありません。
顧問からは引き分けにできるように、攻撃ではなく上手く技をかわすように指示がありましたが、それも私の実力では無理でした。
攻めもしないし負けるわで、部活の努力なんて全て泡になるような、本当に無様な引退試合になってしまいました。


話は逸れましたが、真央ちゃんのショートプログラムの結果を知って、そんな事を思い出しました。
私のような思いはして欲しくないなぁ・・・と思っていましたが、やはり一流は私とは違いましたね(^^ゞ
昔の私の後悔も一緒に吹き飛ばしてくれるような演技でした。

女子のフィギュアスケートは、とにかく手堅くまとめる事が得点を稼ぐ要素のようですが
大人達が勝手に決めた規定に縛られず、自分の理想の演技をやり遂げた真央ちゃんに、私も突き動かされる思いです。
結果は伴わなくても、多くの人にとって忘れられないスケーターになったのだと思います。

何というかね、見て良かったを飛び越えて、生きてて良かったと思いましたw
いやー、真央ちゃんのファンで良かった。
私も、他人も自分自身も満足できるように頑張ろう。





拍手ありがとうございます!!
追記にて拍手コメントのお返事ですvv

ではではまた次回です☆☆


スーツ勉強中 - 2014.02.13 Thu

スーツ本勉強

スーツ本制作に向けて、以前に買った本と併せてさらに関連本を購入して勉強しております。

pixivにUPした講座はスーツファッションの本だけを見て描いたのですが、
書籍化するとなると、書き出す知識だけではいけないと思いまして、少しばかり深いところまで勉強しております。


で、色んなスーツ関連本を読んでいて思ったことがあります。

スーツファッションや、初心者向けでとっつきやすい本には、必ずと言っていいほど『女性目線』というのが登場します。
女性ウケするスーツスタイル、女性から見てNGなスーツスタイルというやつですね。
ちなみに、しばらく前に発売されたスーツ萌えによるスーツ萌えの為の本…みたいなのも読みましたが、それもその系統ですね。

しかしこれが少し深いところ、玄人向けの分野になってくると、スーツはあくまで男性の為の服、となるんですね。
私、これは勉強しておいて良かったと思いました。
女性の『スーツ萌え』っていうのが、私にとってどこか違和感のあるものだったからです。

ここから少し語らせて頂きますね。



この度のスーツ本制作におきまして、編集さんいわく、『幸坊さんの萌えを押し出して欲しい』との事でした。
私、確かにスーツは嫌いではありませんが、世間のスーツ萌えの女性達のような情熱的?なスーツ萌えではないのです。

むしろ、先程も述べたように、スーツ萌えというのに少し違和感を感じているのです。
さもスーツは女性の目を楽しませる為にあるべきと、スーツ萌えの方々は語りますが(皆がそうではないとは思いますが)
異性の着るものに対して、一体何様かと。


しかし私とて、スーツに対して非常に魅力を感じるポイントがあるのです。
それは女性ウケとかいう表面をさらったようなものではなく、女性の想像もつかないところにある拘り、気遣いです。

クラシックなスーツの最も正しい着こなしは、会った人の記憶に残らないほどに自然で、その場に沿った着こなしであるといいます。
安易な没個性とはまた違うものです。
会う個人によって、相手を引き立てるのもスーツの役目の一つで、女性服にはあまり無い発想です。

そしてスーツは、女性は全く関わらずに、着る男性の意思だけで選ぶものなのです。
奥さんや彼女と一緒に選ぶものではない、女性の目など気にして選ぶものではないというのが、スーツに於けるダンディズムなのです。

私、この話にはいたく感動しました。
女性の関わらない衣服、女性に媚びない衣服こそが本来のスーツで、それが最大の魅力なのだと思いました。


そんな訳で、この度のスーツ本を作るコンセプトは
『スーツ萌えの為』ではなく、『スーツを知って男女共に萌えて頂く』本にするという事です(^^ゞ
しかしあくまで、スーツが描けるようになるのが前提なので、くどくどとそれを説くつもりは無いですけどねw



さて、漫画の方を少し放置していましたので、出版社さんから指示があるまで漫画を再開するとします。
ちょっと今月中旬UPは難しそうですが、ここ一週間ほど休みが多いので頑張りたいですね^^






拍手ありがとうございます!!
沢山の拍手、とっても励みになっておりますvv

ではではまた次回です☆☆

コミティア107にお邪魔していました - 2014.02.06 Thu

※クリックで大きくなります
ジークレー複製画 メッセージカード

少しご無沙汰しました、幸坊です。

先日ご紹介した、ジークレー複製画の第一号が出来上がってきたので、ご購入者様宛のメッセージイラストです。
イラストと関連して同じ衣装の閻魔様を描いてみましたが、目つきが悪すぎて泣ける^q^
てゆうか、最近閻魔様ばっかり描いてるじゃないですかー!!(今さらww)

通販のメッセージイラストは、ご依頼の数と私のモチベーションによってクオリティが上下するので、
毎回このレベルは期待しないでくださいね(苦笑)



2月1日から3日まで東京へ出向いておりまして、2月2日のコミティア107に参加するキバちゃんのお手伝いをしておりました(^^ゞ
お手伝いと言っても、キバちゃんの話し相手をしていたくらいですがw

スーツ本の出版のお話をしに編集者さんが会場まで出向いてくださったり、
オンラインでお世話になっている方々のスペースにお邪魔したりして、お手伝いじゃなくて殆ど私用ですねw

書籍化のお話ですが、どうやら夏の発売になりそうなので、少し気合を入れて早めのピッチで準備を進めていこうと思います。
使える、役立つ、そして萌えるを目標に制作していこうと思います^^*


コミティアの会場では専らキバちゃんとお喋りですが、長時間お喋りしているのもネタが尽きますので
キバちゃんのキャラを描いて遊んでおりました( ̄▽ ̄)
普段は会場でお絵かきは滅多にしないんですけど、自分が出店していないから余裕の表れかww

そんで私がキバちゃんのキャラを描いていたら、キバちゃんもうちの流を描いてくれたのでUPしますーw

※クリックで大きくなります
ホワイト流

Whiteっていうのは、キバちゃんの描いた流は性格が良さそうだよねーっていう(どういうことww)
だってホラ、私の流は図々しくて、自己中で、アホじゃないですか(ヒデェww)
この流だったら、どんな難題でもサクサクっと解決してくれて、ページ数も食わないだろうに…!!
可愛い流を頂きました、キバちゃんありがとう~(*´∀`*)

私の描いたやつは、キバちゃんがUPしてくれたらご紹介しますね~w



それでは、注文したスーツ資料が大量に届きましたので、目を通していこうと思います(^‐゚)b






拍手ありがとうございます!!
追記にて拍手コメントのお返事ですvv

ではではまた次回です☆☆




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

幸坊

Author:幸坊
幸坊(ゆきんぼー)といいます。
販売員をしながら、オリジナル創作を描いています。
時々二次創作もします。

ご連絡はこちらまで。
yukinbo-cacseアットlive.jp
(アットの部分を@に変えてください)

旧ブログ『漫画』カテゴリーに漫画を置いています。
旧ブログはこちら→http://yukinbo78.blog99.fc2.com/

誕生日:1987/06/15
血液型:B
好きな作品:ロックマンX、モノノ怪、夢幻紳士、王ドロボウJING、海の大陸NOA

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
はじめに (1)
イラスト (74)
途中経過 (44)
日常 (28)
写真 (11)
メイキング (9)
頂きもの (2)
贈りもの (2)
お絵描き講座 (1)
悪癖克服 (2)
過去作品 (1)
漫画 (2)
版権イラスト (3)
キャラ紹介 (2)

カウンター

ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。